おぼろ月夜の散歩道

カメラをぶら下げて歩いてみたら、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スプリンターの悲しみ 2

前回のつづき。。。

オリンピックで100m走の選手を見ると、みなさん、筋肉ムキムキのマッチョマンですね。

マラソンを見ると、みなさん、とてもスリムでいかにも絞り込んでるって感じ。

どちらの種目も走ってタイムを競うのに、これって大きな違いだと思いません?


人間の筋肉は、ざっと「速筋」と「遅筋」に分かれるんだそうです。

「速筋」は無呼吸運動で筋肉の収縮が早く瞬発力とパワーに優れるものの、疲労する筋肉。

高負荷短時間でのトレーニングで鍛えられ、鍛えると肥大化する。

「遅筋」は有酸素運動で酸素を取込み脂質を燃焼させる。(ダイエット効果抜群)

収縮のスピードは「速筋」の半分ほどだが、持久力に優れ疲労しにくい。

低負荷長時間のトレーニングでしか鍛えられず、その効果が出るまでに

長い時間を要しトレーニングに即効性はない。「速筋」のように肥大化はしない。

しかも「速筋」と「遅筋」の割合は遺伝的にほぼ決まっている。

つまり、短距離走が向いた人と長距離走が向いた人は、全く違う筋肉構成なんだそうです。

言い換えると向き不向きがあるということ。

では、ロード自転車はどちらのタイプなんでしょう?

はい、低負荷長時間の「遅筋」型種目なんです。(競輪はまた違うようです)

つまり、短距離得意の「速筋」型の私はロード自転車に、そもそも向いていないと言う事実。

衝撃的でしょ!   最初から勝ち目はないのかぁ、、、スプリンターの悲しみ。。。


がぁ、しか~し! そもそも、これまで「遅筋」を鍛えてきたのか?

つまり、持てる「遅筋」のポテンシャルを発揮し切れているのか?

目を覚ませ!俺の「遅筋」!!チキンで終われませんでしょ! (チャンチャン)


img143r.jpg
HASSELBLAD 500C/M  C-Planar T* 80mm   Kodak EKTAR100  宮崎県延岡市北方町


前回、前々回の、その谷底はこんな感じ。


  1. 2010/08/10(火) 23:51:44|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<台風4号 | ホーム | スプリンターの悲しみ>>

コメント

なるほどですね。
速筋と遅筋かぁ…。
バランスの問題かなぁ。
でもアームストロングも若い頃は、ワンディレース向きの選手だったんですよ。
ステージレース向きの選手になったのは、癌から復帰してからなのですよ。
ロード選手の多くは、トラック競技(ピスト競技)から転向していますよ。
TTが得意な選手は、転向組が多いかな。
トレーニング方法を変えてみてはいかがでしょう?
インナーマッスルを鍛える方法になるんでしょうか…。
走りに多少のムラがあるようであれば、一定の回転でずっと回せるようなトレーニングにしてみたらいかがでしょう?
平地でも山でも回転数を出来る限り変えない方法だといかがでしょう。
目安は、平地で90~100回転。
山で60回転以下にならないよう頑張ってみてはいかがでしょうか(・◇・)?
  1. 2010/08/11(水) 07:50:08 |
  2. URL |
  3. F氏 #-
  4. [ 編集]

F氏 さん、こんばんは。
そうですねぇ~。
でも、そもそも練習量そのものが非常に少ないサンデーチャリダーですから、高負荷短時間鍛錬と低負荷長時間鍛錬とそれぞれ、もしくは反復でも、とにかく漕がないと何をか言わんやになっちゃうんでは。。。
山では1番軽いギヤでも60は簡単に下回ってます。。。(汗)
  1. 2010/08/11(水) 20:01:55 |
  2. URL |
  3. 満月 #-
  4. [ 編集]

うーん...............。
サンデーチャリダーは私も同じですよ。
私の場合ワンディチャリダーかも(滝汗)
遮二無二漕いでもあまり効果がないのでは?

重いギアを踏み倒すのはドシロートでも出来ますから(短時間ですが)
平均的に常に同じ回転で漕いでいくのがフツーだと思いますが.....?

そもそも短距離選手と長距離選手の違いの記事でしょ?

>低負荷長時間のトレーニングでしか鍛えられず、その効果が出るまでに長い時間を要しトレーニングに即効性はない。

って書いてますやん。

多分.......走りにムラがあるんだと思います。

たとえば....。
山を登っていたとしますね。
34T×25Tで60回転で最初登っていたとして
ずっとこれが続けられるなら理想ですよ。
でも山には起伏の差があって常に60回転にしようとするなら
勾配がキツくなれば、重いギアを踏んでいるのと同じ状態になります。
勾配がユルくなれば、より軽いギアを踏んでいるのと同じです。
勾配がユルくなれば60回転以上回せるでしょう。
逆にキツくなれば40回転しか回せないかもしれません。
これが走りにムラがあるということです。
効果的にギアテーブルを使ってユルくてもキツくても60回転で回せるならスピードアップ出来ると思います。

勾配のきつい所で60回転以上回せるようになればギアの歯数をトップ側に1段もってこれますよね。
.....で60回転回せばスピードは当然上がります。

ようするにリズムよく一定の足の運びが出来るようにしていけば良い訳です。
でも山だと10分もすれば脚は乳酸がたまりますし心拍も息も上がります。

で!!!!!
ここが遅筋の出番になるんだと思います.....。

ポイントは、リズムよく一定回転!です!!!
60回転にこだわる必要はありません。
遅筋を鍛えるには、出来る回転数を把握して
回数を重ねるごとに徐々に回転数を上げていく事です。
これは、山だけでなく平地でも同じ事です。
山に比べて乳酸がたまるのも心拍や息が上がるのも、遅いですけどね。

ですから、無理に高い負荷をギアで選ぶ必要は、無いという事です。
なぜなら自転車だから!
スピードアップは速筋ではなくギアだから!
沢山付いているスプロケットの何所に入っているかで
速さは決まると思っても良いと思います。
でも脚が出力なので筋力が無いと重いギアは、長く踏めません。
この筋力が遅筋なのでしょうね。

>(競輪はまた違うようです)
と書いてますよね。
当然でしょ。
トラックレーサーにはギアは、1枚しか付いてませんから....100mの短距離選手と同じように速筋が必要になりますから...。

このように書くと「なんか、かったるいスポーツやな~。」
って感じですが。
ツールなどでよくアタックかけてますよね。
あれは、まぎれもなく速筋でしょう。
相手がいて成り立つ事です。
一人の時のトレーニングは、地味ですよ。
ラグビーでもそうでしょ?















  1. 2010/08/11(水) 22:49:12 |
  2. URL |
  3. F氏 #-
  4. [ 編集]

水の流れる音が聞こえてきます。
木々が擦れる音も聞こえて来ます。
この写真も大好きです!
  1. 2010/08/11(水) 23:42:27 |
  2. URL |
  3. Leica-egoiste #-
  4. [ 編集]

F氏 さん、おおお。。。
目からうろこのような気がします。
筋肉がどうちゃら言ってる暇があったら、「リズム良く一定回転で」、を心がけて地味に走りを重ねる。これですね。ありがとうございます。
たまにはトビーさんもご一緒に走りに行きましょう!
  1. 2010/08/12(木) 00:21:42 |
  2. URL |
  3. 満月 #-
  4. [ 編集]

Leica-egoiste さん、こんばんは。
うれしいコメントありがとうごじます。
ここも雨が強く降っていた初日は岩肌が隠れるほど増水して濁流になっていました。いろんな表情を見せてくれますね。
  1. 2010/08/12(木) 00:29:36 |
  2. URL |
  3. 満月 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fullmoonpower.blog50.fc2.com/tb.php/411-e3764f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

寝待ちの 満月

Author:寝待ちの 満月
 
     =福岡市在住=
     =1959年製♂=

ご訪問ありがとうございます。
リンクはご自由にどうぞ。
メールは☆を@に変えてこちらまで
fullmoonpower☆hotmail.com

<写真機材>
Leica M6
summicron M 35mm (2nd)
summicron M 50mm (2nd)
summicron M 90mm (2nd)

Leica Ⅲa
Elmar f=5cm 1:3.5
Hektor f=2.8cm 1:6.3

HASSELBLAD  500C/M
C-Planar T* 1:2.8  f=80mm
CF-Sonnar T* 1:4   f=150mm

MAMIYAFLEX automatB

minolta X-500
MC ROKKOR-PG 50mm 1:1.4
MD 28mm 1:2.8
MD ZOOM 70-210mm 1:4
MD ZOOM 35-70mm 1:3.5
2X TELE-CONVERTER

Leica C-LUX2

Canon EOS kiss (1st)

RICOH A-2

<スキャナー>
EPSON GT-X770

<自転車>
LOOK 586RSP with shimano ULTEGRA + FFWD F5R 240S

Masi GranCriterium with shimano TIAGRA 9s + shimano RS10

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。